☆はな☆の第2の人生の備忘録

結婚して約10年、この度妊娠をして、第2の人生が始まりました!その時々で思った事、悩んだ事等忘れぬように綴っていきます。

7M6D☆一年後の自分、二年後の自分。

おはようございます(●´ω`●) はな です♬


本日は朝から実家に戻りつつ、

里帰り出産先の病院へと移動します(*´▽`*)

ベビーフード、楽しみです(´∀`*)ウフフ

一応、試した事がある材料を使ってるものをチョイスしたので、

アレルギーは恐らく大丈夫だとは思うんだけど、

最悪、実家の近くに土曜日の午後もやってる小児科があるので、

大丈夫かとは思うんですが、どんな顔をして食べるのか、

反応が楽しみです(´ー`*)ウンウン



さて、本来だと土曜日は出現しない私なんですが、

この記事を作ってる今(金曜日の夜)、

なんとなく頭から離れない事がありまして。

金曜日は、まぁ中身のない事柄で記事を更新したのもあり(苦笑)

今日更新に至りました(^▽^;)


こういう事って、思った時に記事にしておかないと、

忘れちゃうから、サクッと。



こはなを抱っこ紐でお散歩に連れて歩いていた時、

子供連れのお母さんが反対側から来られまして。

私はまだ先の月齢の子はいつ何ができるかって

あんまりわかってないので、

いくつかははっきりわかりませんが、

とりあえずなんとか歩ける程度の女の子で、

お母さんと言葉で意思疎通がなんとかできる

年齢だとすると、

3歳くらいかなぁ。。。

そんな親子が歩いてきたんですが、

女の子は何かがしたかった、けれど、

お母さんは家路急いでいたんでしょう、

その子の手を引いて歩いてたんですが、

その場でその女の子が、しゃがんでしまい、

駄々を捏ねようとしていたように見受けられました。


その時のお母さんの声が


「もう帰ります!ほら!立って!○○って言ったでしょ!!」


って、ちょと怖い声でその女の子を諭していました。


その時に。


自分も1年後、よちよち歩いているだろう、こはなを、

どんな風に駄々を捏ねる こはな を諭すのだろう・・・と考えました。


私は元来、短気であり、

感情的になりやすいタイプで。


一時的な感情で、いうことを聞かない子供を

怒って従わせるような気がして怖いのです。。。


本来、私は、子供が大好きなタイプかと言われれば、

正直、子供とどういう風に接すればいいのかわからなくて、

自分がドギマギして、すぐ困惑しちゃうから

嫌いではないけど、「苦手」な部類でした。

苦手だった「子供」をカワイイかも・・・と、

私の心の扉をぶち破ってくれたのも姪っ子達で。


こはな が生まれて、

可愛いなぁ大切だなぁって思ってても、

でも、ずーっと自分に自信がなくて。


子育てを楽しい・・・なんて思った事は

心に余裕がないせいか、一度もなく。


だからとて、

辛くて逃げ出したいというのとはまた違くて。


例えば、

ウンピーが盛大に漏れて横っ腹まで進出してたりして、

うぉーっ!と叫んで、笑っちゃうんだけど、

そんな自分って結構幸せ者だなぁって思うけど、



「子育ては楽しい」という感覚ではありません。



責務と使命感で今を過ごしてるような気がするから、

余計に自分がどうなるのかわからなくて、

怖いのです。。。


夜寝る時、

こはな の寝顔を見て、毎夜、自然と笑みが出て来るぐらい、

ああ、本当に生まれてきてくれてよかったなぁ、

カワイイなぁ、全力で守らなきゃって

思う気持ちはホンモノなんですが、

理性を見失って、こはなに接する時が来てしまいそうで、

時々訳もなく不安になるのです。。。


きっと優しく諭したところで

いう事をきかない事も沢山出て来る。

時には声を荒げる時もあるだろう。

それもしょうがないじゃない、だって人間なんだものって

楽観視しようとしても、その時の事が、

こはなの性格を形成するうえで、影を落とすんじゃないかとか、

考えてしまうのです。。。。


来年のサクラが咲く頃、

こはなの記憶がちょっとづつ残りだしてる頃だろう

来年の今時期に、

私はいったいどんな「母親」になってるんだろう。。。。

2年後は?3年後は?・・・・


ちゃんと自分の感情をコントロールできてる

母親に自分はなってるんだろうか。。。


可愛く思うからこそ、自分自身がどうなるのか

期待よりも心配と不安でいっぱいです。。。




↓ポチっとしてくれると、小躍りして喜びます(●´ω`●)
 (∩´∀`)∩ワッショイ ワッショイ♬ (∩´∀`)∩ワッショイ ワッショイ♬


にほんブログ村 子育てブログ 2016年4月~17年3月生まれの子へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 乳児育児へ
にほんブログ村