☆はな☆の第2の人生の備忘録

結婚して約10年、この度妊娠をして、第2の人生が始まりました!その時々で思った事、悩んだ事等忘れぬように綴っていきます。

1Y2M13D☆「おおらか」と「放任(置)」

こんにちは(●´ω`●) はな です♬


今日は朝から久しぶりに晴れて

本当に気分がいいヾ(o´∀`o)ノワァーィ♪

でも、また明日からしばらく雨(´・ω・`)

晴れてるからこそってことで、

今日はこはなと出かけようと、

こはなの洋服を着替えさせてる最中に

夢の中へと旅立たれてしまいました(´-∀-`;)


まぁ、早めにお昼寝入ってくれたんで、

それはそれでいいんですけどね(ノ´∀`*)



先日、6歩歩いた~なんて話をしたばかりでしたが、

昨日ついに11歩歩きました(ノ・ω・)ノオオオォォォ-

本当に1歩が出たら、毎日記録更新するかのように

歩けるようになるんで、びっくりしてます。



ということで、公言していた通り、

近日中にファーストシューズを買いに行ってきます(*´▽`*)


ベビーフィート(アティパス)も

色々お話しを聞いているので

考えてはいるんですが、

やっぱり靴は靴、靴下は靴下っていう

私が線引きがしたい性分なので、

とりあえず普通の靴を買ってから、

大泣きしてどうにもならなかったら

その時に購入しようかと思います(・∀・)ウン!!




さて、本題の話ですが、その前に。




私自身、いいお母さんには逆立ちしても成れないので、

他所様のママに対して否定するような事を

極力しないようにしてきましたし、

それはこれからも変わらず、

そういう育て方もあるんだね、という事で、

受け止めていくのが私のポリシーで

否定はするつもりはないんです。



が。



今回ばかりは

少し納得がいかず。




事の発端は週末実家に帰ってた時の事。



父がこはなを連れて、

座敷のあるお店で外食しようと

言ってきたのが事の始まりで。

そのお店はエリアでは有名なチェーン店で、

大きい和室で、中に何組も入れるような

座卓が沢山あるお店でした、

我が家はこはながいたので、

座敷とマメ椅子希望で、

私達は壁に沿うように

私と旦那さんの間にこはなを置いて

マメ椅子に座らせていました。


まぁ週末って事もあって、

他にもそのお座敷に子連れの家族の方が

次々といらっしゃったんですが、


その中で、こはなよりも身体のサイズも

髪の毛の長さ的にも月齢が若い子連れの

家族の方が見えてて。

ちょうど動き的にもハイハイをしたり、

歩いたりしていたので、こはなと本当に

似たりよったりな月齢の子なんだと思います。


その子はマメ椅子に座ってはおらず、

大人と一緒の座布団に座っていました。


が。


うちも放っておくとそうなるんですが、

じっとしてられなくて、

あっちに行こうとしたり、

こっちに行こうとしたり、

まぁ追いかけまわす事になるので、

うちは基本的に親が抱っこ、もしくは、

マメ椅子に座らせています。

脱走してもすぐ追いかけて

戻すという事を今までしてきていました。


それは、

飲食店で自由にハイハイや歩き回らせていたら

店員さんにぶつかったりして

こはな自身もあっつい食べ物がかかって

火傷したりして危ないから。


お店の方にも迷惑もかかるし。



ですが、

そのお見かけした家族の方は、

どこにハイハイしにいこうが、

止めに行くこともせず、

気付いてるんだか、

気付いてないんだか、

座敷の入り口付近まで移動してたのに

そのまま「放任」(放置って言いたいとこだけど)


そこには座敷の入り口で大きな段差があって、

こはななんかは、段差の意識がないから

そのまま突っ込んでいきそうになるんです。

それぐらいの年頃の子なのに、

自宅ではなく外出先だというのに、


「放任」


・・・・。

正直、いつ落ちるかと

気付いてしまった私はヒヤヒヤして、

ご家族の方はいったい何を見てるのだろう?って

本当にヤキモキしたんですよね(´・ω・`)


いやね、父親らしい方なんて、

そこに移動してる事を分かっていながら、

その子を見ながら


「放任」




放任?

いや、放置でしょ。


そんなの。



私が落ちるんじゃないか心配で、

ハラハラドキドキして、


「あぶないよぉ、お母さんやお父さんは
いったい何をしているの?!」


と何度か1人ごとをつぶやいて

ハラハラしてる気持ちを

落ち着かせようとしてました。


それに気づいた旦那さんは、


「若いから気が付かないのかね、どうしようもねぇーなぁ。」


と私のハラハラな気持ちに

賛同してくれたんですが、

一緒にいた母は、



「あんたと違って、おおらかな両親なんじゃない?」




は?



おおらか?



おおらかってどういう意味?





私は確かに神経質過ぎるほど

そっちいっちゃ駄目、

コレしちゃ駄目って

言いたくないケド言っちゃってて、

母はこはなに、


「おかあさんはあれしちゃ駄目、これしちゃ駄目って
ガミガミ言われてつまらないね、こはなちゃん」


って、よく言われます。


そんなん、自分でもわかっとる。


でも、気になっちゃうんだもん、

しょうがないじゃん!って

そう母に言われて、

いっつもモヤモヤしてる部分があって。


それと相まって

今回のおおから発言には

全く納得がいかず。



いや、たまにそういう方を見かけては

正直モヤモヤはしていたんですが、

見てみぬふりをしてきました。


でもやり過ごせたのは、

その場にいたのが、

私の意見に賛同してくれる旦那さんだけだったから。



でも、今回は「母」がいました。


母も私の心配を恐らく

否定してるわけではなく、

人様の事だから

そう言っただけなのかと思うケド

それでも私を育ててきた母にそう言われて

少なからずショックでした。


少なくても

私はその母に育てられて、

私を躾けるにあたり、

それを「良し」とされた事など

ただの一度たりともない育て方をされてきました。

私の記憶をたどっても

そのあたりの躾は本当に厳しくて、

外食先で遊び回った記憶など

ただの一度もありません。



そんな母に


「あんたと違って、おおらか」


って。


そうやって、放置しておくことが、

おおらかなんだと言うのならば、

確かに私はおおらかじゃない。


だけど、それが「おおらか」な人の行為ならば、

私はおおらかじゃなくて結構ですよ。



おおらかになりたいと

これっぽちも思わねーわ。



(´;ω;`)ウゥゥ



まぁ、百歩譲って、

その子は段差の認識があるとして、

落ちないから大丈夫なんだとしても、

そもそも、

そのままにしておく神経がわからない


店の迷惑とか考えないのかなぁ。。。




(´Д`)ハァ…

でも、ここでしゃべったら

スッキリした(・∀・)ウン!!



他所様の事、ディスっちゃったけど、


私は私。

他所は他所。

ガミガミだろうが

ダメな物はダメ。

それでいーわ、私は(;´∀`)

と、変な意味で開き直れたかも・・・(´-∀-`;)





↓ポチっとしてくれると、小躍りして喜びます(●´ω`●)
 (∩´∀`)∩ワッショイ ワッショイ♬ (∩´∀`)∩ワッショイ ワッショイ♬



にほんブログ村

にほんブログ村